行楽第二日

今日も凄まじい人人ひと、車車くるま。
柳茶屋キャンプ場は少し余裕が有るみたいだが、適当な賑わいが楽しそう。
こどもの甲高い歓声が一層賑やかさを演出している。
野外での炊飯、余りやったことないが、きっと楽しく美味しくになるだろう。
e0166734_19143535.jpg

こどもの国、こりゃ何だ!臨時駐車場もいっぱいで、付近の道路に縦列駐車。
県外車も多くて、ご苦労様でした。よくいらっしゃいました。
渋滞にいらいら、駐車場探しにうろうろ、ご苦労なことだ。
e0166734_19141690.jpg
e0166734_19152858.jpg
e0166734_19145487.jpg

我が家、連休の行楽は余程でない限り遠出はしないことにしている。
渋滞と駐車難はまっぴらなんだ。
以前、5月連休の最中に早朝、東京で中央道に乗ったのは良いが、
猛烈渋滞で大月辺りまで8時間、
府中競馬場の同じ景色を何時間も見るはめに。
トイレを気にして渋滞を抜けるまでほとんど飲まず食わずで我慢。
当面目的地の清里に着いたのはとっぷり日の暮れた頃となった。
それ以来、渋滞に敢えて挑戦する気になれないでいる。
そう言ってても予想外の渋滞に、何度も巻き込まれたけどね。

砂丘道路はそれほどの渋滞は見られなかったが、
砂丘地への直接乗り入れは考え直す時が来るだろう。
砂丘への車列はスムースに流れていた。
e0166734_19162324.jpg

鳥取砂丘といえば、馬の背辺りに集中するが、この有り様も再考しなければと個人的に思ってきた。
ここだけじゃないよ。

今日はたまたまかも知れないが、砂丘入り口の駐車場を降りて、徒歩で砂丘を歩く小集団を見た。
これが良い良い。
砂丘入り口のメインを西側にも設けて分散し、砂丘の広大さを知って貰うことは大切だと思っている。
砂丘南入口駐車場
e0166734_1918227.jpg

砂丘中心地が混まないとこの様な光景は普段殆ど見られない。
e0166734_19185475.jpg

それにしても多鯰ヶ池が蚊帳の外とは情けない。
[PR]

by tomiot3 | 2013-04-28 19:31 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://echomusik.exblog.jp/tb/20394725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。