ニューイヤ-オペラコンサートを観た聴いた

いやー素晴らしかった!
わが国の歌手のレベルの高まったこと、改めて実感した。
歌唱力が凄いから説得力も倍増だった。

サプライズ
ウイーンリング・アンサンブルが出演した。ビックリ!
キュッヒルさんがたどたどしい日本語でインタビューに応じるのも微笑ましい。
かってウイーンリングの追っかけをした。
そしてキュッヒルさんに花束をいただいたことがある。
病講じて鳥取公演も実現させた。
その頃のメンバーとは随分入れ変わっている。
キュッヒルさ、シュミードルさん、オーボエの名前忘れた?さん、
以外は入れ替わった。
昨年フルートのシュルツさんが亡くなられたのをはじめ、ホルンの名前が出てこない?さん、
等の顔が見えないのは寂しいが、これも時の流れか。

R・ホーネックさん率いるウイーン・ヴィルトゥオーゾも参加来て頂いた。
それもうたかたの夢の物語となった。

資金が有ればウイーンリングによるニューイヤーを継続させたい気持ちで山々だが・・・・。
いずみホールは未だに続いているから、やっぱりねー。

酉は藤村美穂子さんだった。
そして恒例の「トラヴィアータ」の乾杯の歌で締めくくりとなった。
e0166734_2127361.jpg
e0166734_21282124.jpg

キュッヒルさん、假屋崎さん、宮本亜門さんがゲストに加わったが、
ご両人のオペラに酔いしれている表情が素晴らしかった。

2時間があっと言う間に過ぎ去っていった。
[PR]

by tomiot3 | 2014-01-03 21:33 | 音楽よもやま | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://echomusik.exblog.jp/tb/21528393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。