これぞ日本晴れ

天気図は日本中晴れ、つまり完全日本晴れ。
夜中は放射冷却でしっかり冷やされ、日中は柔らかな陽射しで暖められた。
空気の通りが素晴らしい。
カキンと中国山地の稜線が描かれている。
e0166734_19411296.jpg
視線を右に向けてゆくと
純白の大山がクキッと浮かんでいた。
これ程までにクッキリ大山は、意念を通じてそう有るものでは無い。
e0166734_19430232.jpg
途中、またまた自転車道の栴檀の実の掃き清め。
一日持たないなー。
通り過すがりの顔見知りのオッサンが“木の実は何の実ですか”と尋ねる。
“栴檀の実ですよ” “ご苦労さんです”
e0166734_19465639.jpg
Affter
木の実はまだ沢山成っているし、ヒヨドリも滞在が長引きそう、
明日には元の木阿弥だろうけど、掃き出したらやめられない。
e0166734_19502975.jpg
紺碧の海と空が眺めたくなった。
まずは砂丘方面からの大山。
e0166734_19525716.jpg
真っ平らな海、水平線もクッキリ、見飽きない。
e0166734_19530937.jpg
帰り、自転車道の掃き清めの仕上げをしていると、見知らぬご婦人とすれ違った。
呼び止められる。
“昨日は箒を持って何をすられるんだろうなと思っていたら、木の実を掃いておられたんですね。
歩きやすくなって、ありがとうございます”
こうなると少々のことで止める訳には行かなくなった。

帰宅するとわが家の紅梅がつぼみを膨らませていた。
e0166734_20001336.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2016-02-11 20:01 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://echomusik.exblog.jp/tb/24129247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。