2009年 03月 31日 ( 4 )

ダウラ

畑作業からの帰途、携帯が鳴る。
ダウラからだった。

なにやら用事のある方が、私がいつ来るかと言うこと。
帰宅、妻を降ろしてダウラへ。
この様な時間に行くことはほとんど無いが。

何とはなしにいつもの顔ぶれが。
有意義な雑談で終始する。

皆さん博識の固まりだ。

イノシシ、こうもり、飛行機とまさに雑談オンパレード。
今日の一番の収穫 それは「なめくじ」
ナメクジやカタツムリと鳥が関わって、恐ろしい感染が有るという。
脳に入り込んだら、脳がぐちゃぐちゃに破壊されて
もちろん死に至るというのだ。

ナメクジに触ってはいけない。ナメクジの這った跡にも
触ってはいけない。
万が一触ったら、よく洗い落とすこと。


昔はこんな事はなかったが、
生物の往来が国際的になって、自由往来の成せる結果だ。

我が国の防疫も甘いのだ。
原則、生物の全面輸入禁止をしなければ
もっとおそろしいことが起こるかも知れない。

知らなかった!

溜醤油のこと。
溜  というのは醤油に調味料を加えて加工したものと思い込んでいた。
ところがおっとどっこい、違うんだって。

溜 として醸造するのが本物だって言うこと。
ちなみにその本物を雑談メンバーから入手した。
e0166734_237259.jpg
ラベル
国産丸大豆 天日塩 溜 傳右衛門 

豆腐、刺身などなど ちょっと付けるだけで旨味百倍。

これも知らなかったなー。

今日は大変利口になったみたいだ。

生きているといろんな事が有るもんですねー
[PR]

by tomiot3 | 2009-03-31 23:00 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(2)

草取り きついなー

晴れてきたぞ!
昨日に続いて午後畑へ

村の外れのお地蔵さんも大歓迎?
いつも花が取っ替えられている。
奇特な方が居るものだ。
e0166734_21582218.jpg

今日は元田んぼの手入れ。
タマネギとニンニクの草取りと追肥。
先ず、白菜や大葉菜の残りを収穫、
まだまだ瑞々しくて美味しいよ。

草君は何でこんなに元気なんだ。
タマネギは完全に負けている。
株の張り具合、緑の濃さ、抜群だ。
しっかり根を張った草って
作物を傷つけないようしながらは
やりにくいよ。

指先がすっかりしびれてきた。
田んぼ土は粘っこくて重たいんだよ-。
少々手強かったが完了。

妻と“キレイになったなー”
e0166734_2294485.jpg

これで立派に玉を付けてくれるだろう。

昨年の植え付け時に苗が余ったので
碌碌土作りをしないで、
植えた苗はやっぱり成長が悪い。
悪いことしちゃったなー。御免。

昨年は小豆も収穫量が少なかったし、
タマネギも家庭内消費にも少々不足するだろう。
手を掛けただけ、手を掛けなかっただけ、ちゃんと答えが出る。
反省。

冬野菜が終わった場所に
ネギも植えた。

まだまだ農作業は続きそうだ。
[PR]

by tomiot3 | 2009-03-31 22:14 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

山桜慕情

楽しからずや
居場所が変わって、さぞ居心地が悪いだろうな。
先ずは活着して、暑い夏を無事過ごして
来年までには少しは大きく成長しておくれ。

君たちが一人前の花を咲かせるようになるまで
おつきあいできるかどうかは分からないが
沢山の人を楽しませておくれ。
e0166734_21461138.jpg

e0166734_21463681.jpge0166734_2146569.jpg
e0166734_21471639.jpge0166734_2147332.jpg
e0166734_21474735.jpg





まだまだ仲間を増やさなきゃならないからな。
[PR]

by tomiot3 | 2009-03-31 21:54 | サクラ ・花 | Trackback | Comments(0)

ヨモギ初摘み ついでに「つぶやき」


早朝ウオーク
どんより曇り空
朝日も陰って少々肌寒い。
当時の頃はずっと右で視界からずーっと外れるところから昇る。
今は摩尼山のだいぶ左から昇りだした。
e0166734_2053280.jpg

帰途はお決まりサクラとの会話。(カテゴリー サクラ)
番外昨日見つけた桃の木を養生。
花を付けているので誰かに手折られないよう。

午前ウオーク
今日は好天、風もなく爽快なり。
天神さん辺りまでウオーク、
帰り道にヨモギをすこしだけ初摘みした。
餅一臼分くらいかな。

野いちごの花もほぼ満開、
イチゴが実った姿を想像する。
ちょっぴり心配なのは、件が実施した
ニセアカシヤや雑草の除去で
日陰が無くなって露出されてしまったことだ。
今までは、かき分けかき分け採取していたんだが
誰の目にも触れやすくなってしまった。

与謝野碑近くの市道でチェンソーの音
法面の枯れ木伐採をしているようだ。
監督している県職員に声を掛けた。
砂像フェスが始まるので、枯れ木などを片付けているそうだ。

その辺りにサクラの木があるので
切らないよう頼んだ。

押っ取り刀ではあるが、やらないよりはまし。
本当は年間を通じて、やる所だらけなのである。
本物にならないなー。

4月からは砂丘条例が施行されることも関係あるのかも知れない。
砂丘と多鯰ヶ池を分けている県道の多鯰ヶ池側は条例適用外。
適用はおろか監視もしないのだろうか。
ちょっとポイ捨ての一部紹介(今日のこと) 
e0166734_2195034.jpg

e0166734_21102061.jpg

缶、ボトル、発泡スチロールなどは、適用区域にも在るのではあるが。

私の主張
条例適用区域の設定に不満。狭すぎる。
前日の与謝野碑付近はゴミ捨てのメッカだが
除外なのである。
つまり砂丘へのアプローチの一つがゴミ捨て自由なのである。
変なの?
e0166734_21275346.jpg

現に今日もいっぱい捨てられている。
懸念していたマックの新開店に合わせるように
マックの包み紙などポイ捨てが増えた。

条例は罰するのが目的でなく・・・と言うのが県の見解。
そんなの甘いよ。
現実を知ったらそんな事言ってられない。
罰則適用されない条例など、
他のゴミ条例や看板条例のように有名無実になるだろう。

教育関係機関、警察等との連携をしっかりやって
啓蒙と指導、取り締まりを厳格にやらねばと言うのが私見である。

パトカーもたまには見かけるが、
ゴミにはまるで関心がないようだ。

今朝など酒のつまみ的スナックの空き袋や
ビール缶が例の与謝野Pに転がっていた。
歩けばその様なゴミは再々目撃することだが、
恐らく飲酒運転だってやっていることだろう。
一昨年ゴミの種別統計をとったことがある。
ビール缶、酎缶等が平均30%に達していた。

兎に角歩かなきゃ、すーっと車で走たって
何が見えるんだろう。
時間潰しをしているようにさえ思える。

今日も辛口すいません。
[PR]

by tomiot3 | 2009-03-31 21:32 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)