2018年 05月 29日 ( 2 )

オオキンケイギク

今日のウオークの目的は、途中国民宿舎前のオオキンケイギクの引っこ抜き。
花の数よりもオオキンケイの株数はずっと多い。
簡単に抜けるものも有れば、根が残ってしまう物。
根が少しでも残れば、またやがて生えてくる。なにせ生命力の強い草だ。
市道沿いはほぼ根絶させたと思っていても、今日1本見つけ即座に引っこ抜いた。
e0166734_22231752.jpg
e0166734_22065274.jpg

e0166734_22073252.jpg

途中ポツンポツン、かなり強くなっても決してざんざん降りにはならないだろう。
私的観測で梅雨入り宣言をした。
めずらしいターボプロップのボンバルディアがやってきた。
航空局かな?
e0166734_21574113.jpg




[PR]

by tomiot3 | 2018-05-29 22:24 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

子どもたちの未来 

ウオークの途中、チイチイパッパの歓声が聞こえてきた。
よく見る園外保育の光景。
砂の急斜面を登り切ると終わりになる。
一人の子が採り残されている。
何十人の中には様々な子どもが居る。
すると一人の子が引き返して、肩を叩きながら“行こ”と言っているようだ。
妻から聴いた話を想い出す。
小学生の時、一人の智慧遅れの○○フミくんという男の子が居た。
先生からは、面倒を見てやれと言われていた。
いじめられると“みずちゃーん”と呼んでいた。
そして他の男の子達は“○○フミがよんどるぞ”と言ってたそうだ。
そんなやさしい心を持った妻を尊敬する。
いじめ、いじめられ、これは無いに超したことでは無いが、かなしいかな人間の性でもある。
しかし、これを如何に和らげ克服するかは、また人間の叡智でもある。
私自身も疎開っ子としていじめられた経験が有る。
学校に行きたくなかった。
しかし、四年生の時、ある先生の一言で猛烈に勉強を頑張って、一躍尊敬?されるようになり、自ら克服した。
以来、先生の一言って重いと思うし、右にも左にも行く強い影響力があると確信している。
先生の頑張りようで世の中が変わる要素がある。
しかし、議員さん達は先生では無い。
e0166734_21475668.jpg
e0166734_21471445.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2018-05-29 22:20 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)