カテゴリ:よもやま・つれづれ( 1419 )

擬宝珠橋完成間近

久松公園、鳥取城跡の擬宝珠橋、30日の渡り初めに向けて急ピッチの組み立てが行われている。
資料に基づく再現とはいえ、要所要所の構造と材料は現代のものが使われているようだ。
組んでは外し、ノミ、鋸で削りの調整、だから傍目よりも時間がかかっているようだ。
30日は式典の後、時間限定で一般公開されるそうだ。
その後、橋は再び閉鎖され、御門などの再現工事が行われ全体完成は2022年だそうな。
e0166734_20305568.jpg
e0166734_20311725.jpg
さて、歴史的建造物の復元には一定の興味がある。
また楽しみであることも事実だ。
しかし、市民県民のどれだけの人々が、これらの復元工事を理解しているだろうか。
また再現工事の目的や意義について、公の説明が懇切丁寧になされたであろうか。
私には記憶が無い。
おそらく観光資源としての役割を担うのであろうし、その効果をどのように見極めたのか?
この史跡再現を含めた観光構築構想なるものがあったのか。
何らかの機会に説明機会があったかもしれないが、私は知らない。

今後、御門の復元工事にはさらなる費用と時間を要する。
また宮大工などの技術集団が地元あるいは他地区からの調達なのか、
今後の展望を含めて知りたいものだ。

石川県の金沢城百軒長屋の復元工事には、明確に宮大工の技術継承とあった。
また資材も極力地元調達としながらも全国から用材を調達していた。
だから大山の赤松も使われていた。
今回の擬宝珠橋の場合、宮大工の方々のお名前、それと用材の調達先なども後世に伝えるべく、
そして私らも知りたい。
e0166734_20323970.jpg
e0166734_20443350.jpg
e0166734_20441614.jpg
e0166734_20590886.jpg
e0166734_20593817.jpg
e0166734_21000581.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2018-09-21 21:08 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

安倍三選 この国の行く末は

自民党総裁選
我関せずの世界ながら、日本の行く末にとっては一大事。
我が意思が全く反映されないもどかしさ、どうにもしょうが無い世界。
自民党支持者がこの国の支配を握っているかぎり切歯扼腕が続く。
安倍氏の顔を見れば『うそつき』のイメージしか持てない不幸。
外交は得意げにするが、実は国辱外交。
政府専用機を何回も飛ばすが、損得勘定はどうなっている。
トランプにへりくだり、プーチンには手玉にとられ、国家利益、つまり国民は苦渋を味わうことになる。
借金大国が、大国ロシアの資金面でのお手伝い、その見返りは北方領土は返さないよ。
会ってる回数がお手柄でもないことがなぜ判らないの。
ロシアは江戸時代から我が国にせまり苦しめてきた。
その究極が不可侵条約をかなぐり捨てて、第二次世界対戦の終戦前夜に我が国を攻め、
終戦後に北方領土を不法占拠した国。
生命財産を奪われた北方領土の人々の悔しさ如何に。
ヤルタ協定なんて勝者側とならんとする国が勝手に決めたこと。
たまたま日本海海戦での決定的勝利が、その後の日本のミスリードにつながった歴史が悔しい。
そして、今再びロシアの手のひらの上で踊っている。
喧嘩をすることはないんだが、少しは自分を確立したいね。
あーあと三年間か。

[PR]

by tomiot3 | 2018-09-20 20:48 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

樹木希林

樹木希林さん逝く。
1943年東京神田生まれ、75歳。
シャキシャキの江戸っ子らしく、歯切れのよい口調はすこぶる印象的だった。
悠木千帆と名乗ってのデビュー、いつ頃から樹木希林に変わったのか覚えがない。
だからしばらくは樹木希林の芸名は誰のこと言ってんだろうと思っていた。
骨董にも造詣が深くて、徹底ぶりに舌を巻いたことがある。
BSプレミアム「温故希林」は楽しい番組だった。
発言内容も俯瞰的な視点で物事を見ているようで、
有る面、哲学的とも思えた。
非常に個性的な人がまたいなくなった。寂しい!

[PR]

by tomiot3 | 2018-09-17 19:47 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

大音響音楽?

電気を通してガンガンやる大声の音楽
どうにも好きになれない
良さがわからない
僕は音楽音痴なのだ
ガンガンやってわいわい騒ぐ
わいわいやって涙を流す
どうにもわからない
あむろもまむろも一緒だ
ガンガンやらないとお金も儲からない
涙も流してくれない
どうにもわからない
モーツァルトをガンガンやったらきらいになる
でもベートーヴェンの生音大音響は大好きだ
耳も痛くならない、壊れない
文明の利器も使い次第で好きにも嫌いにも
どうしてオーディオによい音を求めるのか
オーディオは電気を通している
レコーディングも電気を通している
それでもアリーナの大音響は大嫌いだ
うるさいっ!









[PR]

by tomiot3 | 2018-09-16 22:48 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

三連休だった?

今日は朝散抜き、畑作業で稼いだ歩数はたいしたことない。
夕方ウオーキングでかなりあるか無いと。
16時過ぎからだからちょっと負担だ。
三連休の認識不足、大江の郷でも一瞬なんで?
キャンプ場も、子供の国も、そして砂丘も賑やか。
e0166734_22155933.jpg
e0166734_22162159.jpg
歩数稼ぎをしなけりゃ、砂丘トンネル経由で大回りを図る。
今日は狭い歩道をやたら後ろから自転車がやってくる。
危ない!
トンネル内は歩行者同士がすれ違うのも、一方が譲らないとすれ違えない。
若者がやってきた。
止まって体をかわし、どうぞ、
それでも会釈して数人がすれ違った。
自転車、なかには結構なスピードの若者も、馬鹿者!
とは毎度感じること。
中途半端な道路整備と行政の逃げ腰にご立腹だ。
自転車通行可の標識があるわけでもなし、自転車のことなど全く考慮に入れていない道路なのだ。
しかし、自転車に車道を通りなさい、とはいえない道路構造。
行政がほおかむりしている。
加えて、自転車のマナーが非常に悪い。
自転車マナーもやっぱり自転車後進国だと確信させる。
e0166734_22233795.jpg
e0166734_22265796.jpg
e0166734_22271186.jpg
敬老を思い知るのは、夕方敬老会欠席者へのまんじゅう配達だ。
欠席すると迷惑をかけている。すんません。



[PR]

by tomiot3 | 2018-09-16 22:33 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

二十世紀梨も終わり

梨の時期も今日で終わり
これはクロネコヤマト関連のことだ。
輸送トラックは旧砂丘パレスの駐車場に梨の期間中ずっと毎日駐まっていた。
同じトラック(因伯通運)同じ運転手だ。
依頼主からクロネコヤマトの鳥取集配所で集めたものが、
このトラックに積み替えられる。
トラックは夜間に岡山県鏡野のクロネコヤマトセンターまで運んで鳥取に引き返す。
その繰り返しをやってきたのが、今日で終わりということ。
ご苦労様でした。
我が家も何件かお願いしたが、集配されたものが、まとめてこのトラックに積まれ、
岡山県鏡野まで行き、各方面へ積み替えられて相手方に届けられたということか。

e0166734_20113762.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2018-09-15 20:16 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

敬老の心

今日は15日、と言えば敬老の日
と言うことを全く意識していなかった。
娘婿からの宅急便で気がついた次第。
思いがけない心遣い、ありがとう!
e0166734_19153197.jpg
老人を敬う心、第三者的にはすごく大切なことだと思いながらも我がこととしてほとんど意識していない、これがよいのか悪いのか?
振り返ってみれば、我が親に対して、そして妻の親に対してもっと丁寧に心を込めて接しておけば、
と振り返ることばかり、過ぎ去ったことは取り返せないと慚愧。
平均寿命は延びる一方で、益々の老人大国に成長してゆく。
これからの老人の立ち位置はどうなるだろう。



[PR]

by tomiot3 | 2018-09-15 19:25 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

むなしからずや 安倍-プーチン会談

プーチンに言わせ放題。
領土問題を抜きにして今年中に平和条約締結。
などと言われて、何ら異議を唱えず反論できなかった安倍首相。
屈辱的外交!!
嘆かわしや!!
総裁選をなげうってまで合うひつようがあったのか。
彼の外遊は多くがこの手を使っていた。
経済協力など、ロシアに利用されるだけではないか。
目先追求の経済界はよかろうが、歴史的に後悔するように思えてならない。
中国との会談もしないでくれ。
次は習近平にコケンにされる。

[PR]

by tomiot3 | 2018-09-13 20:47 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

雨収束か

降って降って降りまくった雨も一旦の収束気味になった。
待望の雨も長く続くと、そろそろ終わって欲しいと思う。
我ながらずいぶん勝手なものだとあきれているのだが。
雨でインターバルが延びた畑にちょこっと行ってみた。
きつい風雨に鈴なりのなすやピーマン、それにゴーヤの棚が倒れてしまった。
取りあえず収穫だけにしたが、早々に手当をせねばならない。
そのためには一日くらい雨の降らない日が、欲を言えば晴れて欲しい。
ところがどうやら天気予報はバツだ。
      先日蒔いた大根なども芽が出てるし、
      白菜なども雨のお陰
e0166734_19074515.jpg
帰りは踏切で若鉄の「昭和」をやりすごした。
e0166734_19100972.jpg
もう一つ追加、行きがけは車事故で10分あまり足止めを食らった。
上下2車線道路、事故はほぼ100メートル先の同じ方向の車線、
救急車は反対車線をピーポピーポと、近くの中病かな。
独り相撲?右側に接触したのかな?
右前部大破、大過なきよう、ご無事で。
e0166734_19133062.jpg
砂丘へは午前、午後とウオーキングと巡視。
すべて薄もやにカモフラージュされて。
これも四季折々のひとつか。
e0166734_19151387.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2018-09-10 19:21 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)

県立中病の偉容

午前中、県立中央病院の売店パンを買いに約2キロの道を歩いた。
もう一つの目的は、ほぼ完成した12月開院の新病院棟の撮影であった。
売店パンは時々食べたくなる。
今日はカレーパンとクロワッサン、それにクリームパンだけだった。
カレーパンはカレーのよく効いた、どちらかと言えば硬派のパン。
妻にはちょっときつかったかもしれない。

病院棟はツートンカラー、厳密にはスリー。
現病院に比べれば1.5倍はあろうか、いやもっとかな。
現在は外構工事なので、やがて終了するだろう。
全体として気になるのは、緑化計画の確たるもののないことだ。
例えば二階レストランのガラス窓越しに何が見えるかである。
我が郷土は緑化に対しては鈍感でもあり重要視していないのではと思うことしばしばである。
先日、区ごとに緑化を競っているという東京都、
足立区の緑化と自然公園に対する情熱を知った。
都民の要望に応える行政の柔軟性も知った。
双方がレベルの高さを持ち合わせることが、都市美を生むのだという実感でもあった。
県立中病はどうであるか、今のところ残念ながらである。
機能性、利便性の追求はあっても、自然景観や人工景観には疎いのが、我がふるさとである。
新病院建物三景
e0166734_21235936.jpg
e0166734_21242083.jpg
e0166734_21244780.jpg
e0166734_21252961.jpg
e0166734_21260058.jpg
e0166734_21261983.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2018-09-07 21:31 | よもやま・つれづれ | Trackback | Comments(0)