カテゴリ:健康・ウオーキング( 59 )

たばこは百害

たばこ規制に弱い国、日本。
屋外の喫煙でも風向きによってはかなりの距離までたばこの煙と匂いが到達する。
子どもの国でも再々経験している。
今日はウオーキング途中、与謝野碑パーキングで一人の男性が喫煙していた。
すると30メートルぐらいのところをぷーんとニコチンの匂い、そして喉への刺激を感じた。
非喫煙者だから言うのかもしれない。
たばこの文化とか、喫煙者の権利とかおっしゃることをよく耳にする。
なにが権利ですか。
なにが文化ですか。
日本の規制は先進諸外国に比べるのも恥ずかしいぐらい緩すぎる。
将来的には喫煙場所すら指定しないで、禁煙を目指すべきだと、
今日はいたく感じた。
それに喫煙者のマナーも概ね悪い、たばこの吸い殻、空き箱など。
それでも年ごとに良くなっているようでもある。
e0166734_19595934.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2018-11-19 20:03 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

歩きながら頭は休まない

時折天からの雨粒が頬を打つ一日。
今日も結局三度砂丘方面へのお勤め。
最長は砂丘信号まで足を伸ばす。
いろいろな人と出合うが、会釈できればOKだ。
歩きながら桜のことをぐるぐると考えながらはいつものことだが、
今日のもうひとつ,どういう訳か童謡[船頭さん]が浮かんできた。

村の渡しの は 村の外れの と今まで記憶していた。

今日も歩きながら口ずさんだのは、外れの、だった。

どっち?

今日のテーマからはどっちでもよい。

問題は 今年六十のお爺さん

この歌が作られたのは1941年7月(S16年)いわゆる開戦前の戦時歌謡なんだ。

60歳でも頑張ってるんだから、国民のみんなも頑張れ、という意味合いなんだろう。うまく挑発してるんだ。

戦後は歌詞の一部が変えられて歌われたというが。

今の時代、六十歳はまだ働き盛り,定年延長でもっと働けと言われる世代になった。

かくいう己は,プラス20だ。

妻に話すと、子どもの時、櫓がしなる

と言う意味がわからなかったそうだ。

櫓は少しだが漕いだことがあるので、細かく説明して納得。

櫓がしなる様と、ぎっちらのオトマノベ(擬音 擬態語)まで説明した。


村の渡しの船頭さんは

今年六十のお爺さん

年を取つてもお船を漕ぐときは

元気いつぱいがしなる

それ ぎつちら ぎつちら ぎつちらこ


三番まである



[PR]

by tomiot3 | 2018-09-26 19:56 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

喫煙者のマナー 健康被害

気温はまあまあなのに不快指数の高い日だった。
それは早朝からそうだから、日中のそれは少し動けば汗が噴き出す。
それに朝から不快な物を見てしまった。
6時ちょっと前、こどもの国入り口前の市道にタバコの吸い殻と空箱3つが散らばっていた。
10メートルくらいに及ぶ広範囲だった。(写真にはうまく納まってはいないが)
散乱から推察するに、車からほうり投げられたものだろう。
こどもの国園内にも屋外喫煙所が設けられているが、
そこは同時にゴミの散らかる場所でもある。
つまり喫煙者のマナーここに極まれり。
帆プリ投げられるペットボトル夜間類には吸い殻が詰められているケースがある。
これを一々出してからそれぞれの分別に改めて棄てることになる。
e0166734_20054256.jpg
昨日地方紙に たばこ害損失2兆円超(厚労省研究班15年度推計) が報道された。
勿論私は非喫煙者の立場で言っている。
コンビニ、スーパーマーケットなどで売られているタバコ、見る度に違和感を覚える。
なぜ販売禁止に出来ないか。
以前から喫煙者のこととして、税金を吸っている、と言う。
つまり税金を納めているから、と言う言い分である。
しかし、健康被害や環境汚染を考えれば、ソンのような血靴は当てはまらない。
先述のこどもの国野外喫煙所、毎日のように子のそばを通る。
するとかなり遠方からでもタバコの強烈な匂いが鼻を突くことがある。
その度に樹霜喫煙の恐ろしさを知る。
我が国は禁煙先進国として名誉ある地位を築いて欲しい。
その他不名誉なことの多い現政権下での出来事、起死回生である。
先の国の基準など全くなっていない。
e0166734_20154107.jpg
e0166734_20155872.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2018-08-10 20:18 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

連日熱帯夜

頑張って早朝5時前にウオーキング開始。
ところがそれでも遅かった。
もっと早い人びとが居る。
こどもの国に着いた頃には太陽がギラぎらっときた。
おそかりし!
4リッターボトルを抱えていたが、桜たち、子の猛暑が続けばどんなことになるだろう。
焼け石に水か。

自転車道沿道に勝手に作った球根花壇、目印の短い竹杙が何本か抜かれていた。
どうしてそんなことするんだろう。
e0166734_22463050.jpg
早朝から27℃超、熱帯夜の明けた朝だった。

[PR]

by tomiot3 | 2018-07-24 22:49 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

ウオーキングのペース乱れっぱなし

頼みもしないのにすっかり定着している二つの高気圧による猛暑、酷暑。
それに連日の行事ですっかりウオーキングのペースが乱れている。
朝5時台も少しでも遅れればもうダメ。太陽ぎらぎら。
汗の中を歩くことになる。
朝のうちは大陸の高気圧が勝ったのかな、遠く大山が焼けにくっ伐り。
                  5時半頃
e0166734_22032368.jpg
e0166734_22033937.jpg
コンサートから帰った16時過ぎ、まだ酷暑の中。
それでも街中よりも2℃低くくて36℃、
ウオーキングよりも気になっている桜たち、
給水のため車に水を積んで出動。
もう限界とばかりに何本かは葉っぱがうなだれていた。
ぎりぎり間に合った。
砂丘もとても暑そうな完全夏バージョン。
e0166734_22222611.jpg
e0166734_22225890.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2018-07-21 22:30 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

酷暑の克服

今日も一日三回のウオーキング、今日は畑行きがあったので二回を消化。
畑作業でもほぼ1回分の歩数が出るので、歩数的には3回分となる。
早朝はすれ違った二人にm“これいになりましたねー”と声をかけられる。
こんなこと言われて嬉しくなって、まこと単純。

夕方、西日が背中、ジリジリ。
竹箒担いで、一部やり残した竹箒運動をこなす。
世間は3連休か、キャンプ場が混み出した。
やや道路も復旧したのかな?関西各地のほか愛媛ナンバーも。
熱帯夜でなければ良いが、若いときのキャンプでの寝苦しさを想い出す。
e0166734_21424751.jpg
帰りがけ、良く顔をあわせるご夫婦の奥さんとおしゃべりしながら。
桜のことなど色々、質疑応答。
その奥さん曰く“いつもお一人にモクモクとして頂いてすいません”
いつかは協力隊が出来るかも知れないと、希望を抱いた一瞬だった。
暑さなんかなんのその。

[PR]

by tomiot3 | 2018-07-14 21:50 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

H Band

父の日、娘からのプレゼントのH Band。
今日アプリを取得して、腕に装着し歩いてみた。
行動したときの歩数、距離、軌跡が正確に記録される。
まだ能力や性能を熟知していないが、興味あるイッピンだった。
e0166734_22150960.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2018-06-19 22:17 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

歩けば楽し

何処かに行けば、ウオーキングにしわ寄せがくる。
今日は米子、帰宅したのが16時過ぎ、ひと息入れてから砂丘まで。
それでも米子で極力歩いてある程度はカウントしていた。
今日は米子の気温は30℃くらいで高かったが、鳥取は25度、涼やかな感じすらした。
風も余り無くて、夕暮れを迎えようとする砂丘と空。
途中の竹林で園芸用の竹を伐りだしている男性としばし会話。
時間はどんどん過ぎて行く。
でも軽く汗ばむ程度で1万歩 心地よし。
帰宅間近で18時の「夕焼け小焼け」が流れてきた。
e0166734_22340713.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2018-06-02 22:37 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

夏バージョンウオーキングの始まり

せいた感じのウオーキング、今日は妻と一緒。
日射が強い。
今日もどこの小学校だろうか。
砂丘遠足だ。
緩やかな自転車道でなく、急傾斜の砂丘を直登していた。
成長の暁に、小学生の時のきつかった思い出の一つになり得るかな。
e0166734_21163907.jpg
いくら急いでいるとはいえ、移植桜たちへの目配りはおさおおさ怠りなしである。
汗かいちゃった。


[PR]

by tomiot3 | 2018-05-01 21:25 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)

遅咲き山桜 お待たせしました

晴天日に合わせて農作業が待っているので、午前ウオーキングをさっさと済ませる。
遅咲き山桜も種々差は有る者の、やがて満開を迎える。
固体によってかなりの差が有るのだが、その順番待ちが楽しそうだ。
まだ楽しみが残っているのが何とも嬉しい。
ややっ誰か溝掃除をしている?
私以外に?
よーく観察すると、それは人間業でh無さそう。
どうやらイノシシが彫り上げた者らしい。
ここまでやられると放っとけなくなるではありませんか。
e0166734_20224785.jpg

もうひとつぎくっとした。
杙だけが残っている。
えっ桜がひっこ抜かれた?
すぐに判明した。
それは昨日、山桜植え替え候補地として杙を先行させて打っていたんだ。
自分のやったこと、失礼しました。
陽向作戦はまだ緒についたばかり。
こちらも忙しいぞ。
e0166734_20275191.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2018-04-10 20:32 | 健康・ウオーキング | Trackback | Comments(0)