カテゴリ:農耕・自産自消・園芸( 536 )

疎になった畑

午前中
は1年に一度の町内会わが班の集い。
これを済ませ、昼食の後は・・・。
このところの畑チャンスに恵まれていない日々。
耕すことは出来ないが、収穫を済ませてしまいたい物がある。
小豆、それに育った大根、蕪、ニンジン、小松菜、青梗菜、春菊、白菜、あー忙し。
なにせ土が重たくて、能率すこぶる悪し。
あとは白菜を紐で縛りかこうことぐらい。
せめて3日間ぐらいの晴れの日が欲しい。






by tomiot3 | 2018-12-16 19:46 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

畑が家計を支える

自家用の大根や葉物の蓄えが乏しくなった。
昼食を摂るやいなや、行ってくるわ、と妻に告げ田舎畑に向かった。
雨の予報もあり急いだ。
大根、蕪、キャベツ、白菜、青梗菜、春菊、小松菜、それからえーっと、
セロリ、ブロッコリー、もう一つレタス少々。
これでしばらく食いつなげる。
貧乏一家の一日でした。
                ブロッコリーに花が
e0166734_20190402.jpg
採り終えた頃、雨がぽつりぽつり。

by tomiot3 | 2018-12-11 20:21 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

お陽様が欲しい

相変わらずの天候不順、午前中田舎畑へ行ってはみたものの、せいぜい野菜の収穫ぐらいしか出来なかった。
土をつつくことの出来ない日々が長すぎる。
いい加減にせめて2~3日のお天道様が欲しい。
雑草引きと追肥、土寄せがやりたいのだ。
大根などの根菜、小松菜などの葉物がよく育った。
全国的に野菜が値下がり傾向だという。
採れてるんだ。
下がれば下がるでお百姓は大変だ。
e0166734_17330766.jpg
e0166734_17332221.jpg
e0166734_17333835.jpg



by tomiot3 | 2018-12-06 17:35 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

秋まさに濃厚日より

早朝の空を仰ぎ見れば淡いながらも青い空。
放射冷却で地上は7~⑧℃くらいか。
キリッとした冷気に引き締まる思い。
そして砂丘と大海原で気分刷新。
まずは朝のスタート良し。
e0166734_19324718.jpg
キャンプ場からは蒔きの燃える匂いが漂ってくる。
e0166734_19380670.jpg

10時頃、妻とキャンプ場辺りまでウオーキングして、
その足で投票所へ。
活気の感じられない投票所、立会人はのんびりと私語、緊張感誠に無し。
とにかく1票を投じた。
そして帰宅するやいなや田舎畑へと。
到着すれば既に昼食時、持参弁当を車で食べて、休むいとまもそこそこに作業開始。
まずは先日やり残した部分を片付ける。
お花畑の耕運だ。
e0166734_19373919.jpg

つぎ田んぼ畑へ、各種収穫、春菊、青梗菜の間引き、小豆収穫・・・結構忙しい。
またまた大根と蕪を収穫しなくては。
そして下仁田ネギの植え替え時期が迫ったので、今日はその植え床づくり。
苦土石灰がなじむまでこのまま1週間放置する。
e0166734_19410509.jpg

実質2時間半の作業は終わり。
どっさりの収穫物、また大根と蕪三昧の食事体系となる。

どうやら天気は下り坂のようだ。
さーて市議会選挙は如何なりますやら。






by tomiot3 | 2018-11-18 19:47 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

畑作業が出来た

この頃、畑ができるチャンスがとても少なくなった。
いくら晴れても土の乾きが悪いから、耕運するにも妥協するしかない。
昨日後半からの回復で、少々土が軽くなったようだ。
私としての懸案だった畑の整理と耕運を幾分でも熟せたか。
唐辛子、トマト、ナス、それにシソの木を全部引っこ抜いてまずは耕した。
来期はなにを蒔いたり植えたりするか、ゆっくり思考しよう。
e0166734_19553440.jpg
妻がここをお花畑にと言うリクエストあり。
花の種類ごとに囲ってやろうよと。
よしよし。
耕そうとしたが,雑草の生えたままではまずい。
今日は刈り払いにとどめておこう。
e0166734_19564388.jpg
e0166734_19570234.jpg







by tomiot3 | 2018-11-16 20:00 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

タマネギを植える

タマネギを植えるか。
午前中畑に向かう。
着手が11時、ちょっと遅かった。
結局、午後1時頃ようやく終えることができた。
しゃがんでの仕事って結構つらい者で、妻にはきつそうだった。
だから植えるスピードは倍半分、仕方なしやのこんこんちき。
タマネギのできはここ2年、すこぶる悪かった。
今年は連作障害などと言わないように新しい場所に畝を立てた。
さーて如何なりますやら。
400植えたが、あと200は植えられる、さらに赤タマネギを100植える予定。
そんなに作ってどうするの?と言われながら。
e0166734_19441719.jpg
聖護院大根を試しどりして夕食に食べたが、
早く柔らかくなるし、甘味も有ってよろしかった。
もうじき蕪も良さそうだ。
小松菜も良し。
青梗菜もめちゃくちゃ芽が出た。
大根も各種育ち良し。
収穫できるうれしさ満喫。




by tomiot3 | 2018-11-01 19:49 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

庭仕事

庭の整理清掃二日目。
松、手の届かないところや無理な姿勢で二度落ちそうになった。
桑原くわばら!
下から眺めるとまだだめだ。
                        Bifore
e0166734_19440778.jpg
                   After
e0166734_19452841.jpg

我が庭の樹たちはざくろ、夏みかん、柿と計画性のない、
時の流れによって植えてられてきたので、いつかきちっとしたいと思いながら
嵩だけが増えてしまった。
今は仕方無しやの対処で逃ざるを得ない。
あと何日かかるやら。






by tomiot3 | 2018-10-28 19:54 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

新たな種蒔きと獣害

秋の爽やかな一日、畑仕事も楽しからずや。
小松菜と春菊を新たに蒔いた。
なるべくは野菜を途切れることなく収穫したい作戦。
e0166734_18582783.jpg
e0166734_18572185.jpg
e0166734_18563105.jpg
大根、蕪の類い、キャベツ、白菜の類いすべて順調と言いたいところ。
だが愕然の事実も。
大きなイノシシの足跡が、うむ白菜2個がやられた。
にっくきイノシシ、防護対策が要るのか?
金網をめぐらすのも大変、近所の田んぼではそうしているところもある。
これはあくまでも対処療法、根本的には獣を退治して欲しい。
ほかの畑でも先日足跡を見ている。
かなりの大形イノシシのようだ。
少々の防護対策では話にならない。
一度やられ出すと次があるように思える。
気がもめる事この上なし。
役所さま頼むよ。
手前の白菜がおかされて萎れだした
e0166734_18564880.jpg




by tomiot3 | 2018-10-22 19:11 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

生育の楽しみ

明日は雨なもで、今日はとにかく畑だ。
青首の宮重大根をまずは蒔きたい。
植える場所は青じその群生していたところ。
背高ぐらい有りそうな青じそをずっぽずっぽと抜きまくった。
途中、チカッと鋭い痛みが右手のひらに走った。
同時にアシナガバチの巣が目に入った。
しまった,やられた。
すぐさま針を抜いて、思いっきり絞りまくった。
その後、激痛が続くことなく、作業を続行できた。
不注意だった。
とにかく大根を蒔き終えた。
そのあとはくさい、キャベツなど追肥土寄せにかかった、
畝の片側だけ終えたところで肥料切れになっておしまい。
終わってみれば午後1時頃、妻はすっかり疲れた様子。
今日はここまで。
ちょっともったいない終わり方か。
e0166734_19553261.jpg
e0166734_19554505.jpg
はくさい、キャベツ、聖護院大根,蕪など美味しそうに育っている。
順調な生育は心の栄養。
e0166734_19571145.jpg

by tomiot3 | 2018-10-16 20:02 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

コピット農作業、心の休みは砂丘

霞の彼方の大山。
霞がかかろうが,うっすらで有ろうが、見られることに値打ちがある。
e0166734_18571083.jpg
わずか20キロくらいの鷲峯山だってこの通り。
e0166734_19000044.jpg
午前中は近くの畑でサツマイモ掘り。
砂地で作るのは初めてといいながらもあまり成績が良くなかった。
植え付けた時期もちょっと後ろにずれ込んだのが響いたようだ。
作物は時期時期というものが大切だと言うことを改めて肝に銘ずる。
砂地だから掘りやすいだろうという目算も違っていた。
しっかり芋のついた株だと気分がよろしいが、付きが悪いと、なーんだ。
およそ30メートルの畝、10時から0時過ぎまで2時間強、あー疲れた。
e0166734_19034165.jpg
夕刻の砂丘と海、馬の背付近の海、何やら濁りが激しく、まるで砂丘と一体になったがごとくに錯覚する。
潮流の関係か。河口からの濁水が強まったか。
e0166734_19145672.jpg
日没を迎える西の空
真っ赤だな!に近い。
小林先生の「まっかな秋」を口ずさむ。
明日もなんとかお天気は持つか。

e0166734_19163086.jpg
明日もなんとかお天気は良いか。




by tomiot3 | 2018-10-15 19:22 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)