カテゴリ:農耕・自産自消・園芸( 510 )

異常高温にどう耐えるか

なんてこった。
猛暑猛暑、二つの高気圧によるその重みで高温を醸すとは。
いわゆる断熱圧縮の効果を発揮しているんだ。

早朝5時半、妻と田舎畑へ向かう。
6時頃既に30℃、堪らない。
6時頃~9時までみっちり農作業、
涼しい間にと目論見んでもほとんど意味を成さなかった。
3時間やっても目的は果たせないし、せいぜいナスやトマトへコピッと給水が出来た。
畑の給水対策をどうするかがわが農作業の課題だ。
e0166734_21212605.jpg
e0166734_21214547.jpg
ちょっと酷い、帰りの気温は36℃、その後市内通過で37℃、
帰宅して35℃。
これで終わりで無かった。
午後は更に上昇を続けて、一時鳥取は38℃で全国トップ。
その後、座を豊岡に譲ったものの異常そのものの暑さが続く。

[PR]

by tomiot3 | 2018-07-20 21:24 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

熱中症に気を付けよう

連日の猛暑に苛まされながらの被災地の片付けを思えばなんのその、、
午前中2時間畑仕事をみっちり。
熱中症を意識しながら、草刈り機、耕耘機をオペレート、
ノドの乾き、ビールがちらつく。
しかし、ビールは飲みたくても、実際にはほとんど吞まない。
吞んだあとの体のほてりで逆効果、しばらく吞んでいない。
ただの水が一番。
          青ジソ(おおば)は勝手に生えて立派に育っている
e0166734_21241038.jpg
別の畑で収穫作業の妻は、なかなか帰ってこないので、
ちょっと心配したらしい。
「倒れて居ないだろうか」
大丈夫だよ、とは言ってはみたが、絶対の自信は無い。
気を付けよう。
それに被災地の苛酷さを思えば。


[PR]

by tomiot3 | 2018-07-14 21:31 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

早朝畑にも色々有りまして 吉報もあり

早朝畑の日。
行きがけの郡家ファミマで今日のつまずきが始まる。
妻を除す席にノコし、店内に配当としたとたん、ガシャと鈍い音が後方でした。
わが車にバックした軽四ワゴンがぶつかった。
6時前だった。
相手は年輩男性、畑が待っているので、話を付けてその場を去った。
後刻、車屋で見積もりを取って、相手の負担を確認。
修理代金(相手負担)はそこそこだが、気分はすこぶるよろしくない。

畑は本来の目的前に草刈りがはだかる。
この時期の草の成長は驚異的、二カ所の畑は草対策が主になっている。
                盆花つくりのつもり
e0166734_22110438.jpg
田んぼ畑に移動して仰天!
なんと半分ほど水没、田んぼ状態だ。
となりの田んぼの排水がわが畑に入り込んでいる。
元々ここは田んぼ、餅米をつくったこともあるくらいだから、本来水が当たるようになっている。
油断や隣の水管理によって、今日の状態になってしまう。
応急的に排水路の掃除をして、少しは佳くなった。
しかし、浸かった土地は当分何も作られない。
根本的解決策はあるが、お金が啼ければ手の下しようが無い。
畑計画の練り直し必死。
e0166734_22142424.jpg
                    隣の田んぼから浸水
e0166734_22151877.jpg
                     草刈りだけは
e0166734_22163672.jpg
一方、今日は素敵なニュースがあった。
ヴィオラのミセスTにおめでた。
11月の予定だって。
“こんなに幸せを感じるとは思っていなかった”よい言葉では無いですか。
無地に元気な赤ちゃんを待とう。





[PR]

by tomiot3 | 2018-07-12 22:20 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

大きさと風味

わが家のジャガイモ、各品種とも大小様々だけど、
大きな物は本当にデカイ。
主な品種毎の記録写真
北あかり
長径12センチ
e0166734_23130371.jpg
男爵 長径10センチ
e0166734_23141593.jpg
メークイン 長径12センチ
e0166734_23154027.jpg
只大きければ良いという者でも無い。
しかし、大きさと風味は相関しているようでもある。

[PR]

by tomiot3 | 2018-06-29 23:19 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

ジャガ芋掘り

近年ではめずらしい工事停電が有った。予定13:20~16:00
ほとんどは活線作業で処理するのだが、余程込み入った工事だったんだろうか。
きっかり停電した。電気が無くてはどうしようも無い近代生活。
田舎へ芋でも掘りに行くか。
暑い盛りだが出かけた。
ジャガイモは北あかり、メークイン、男爵、シンシア。
今日は試し堀の拡大版。
北あかりを掘り始め、その出来の良さにある種の感動。
止められなくなって、7~8メートル、1/4位掘ってしまった。
大きいものはソフトボールとまではいかないが、野球ボールよりもデカ芋だ。
一部ネズミかなんかに食われて居るが、今のうちに掘ってしまえば被害は最小限に納まるだろう。
e0166734_20052324.jpg
まだまだ沢山
e0166734_20070616.jpg
他の品種も少しずつ掘ってみたが、概ね良作。
明日もやるかなー。

30度を遙かに超えたと言うが、スコップを使う作業にも拘わらず
余り汗をかかなかった。
むしろ20時過ぎに40分ほど歩いたときは汗びっしょりになった




[PR]

by tomiot3 | 2018-06-25 23:40 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

自然と農作業

朝早く起きて、自分のことで無い自転車道のいろどりのために球根植えて、
桜の手当てをする。
それが苦痛で無いからやっている。はたまた楽しいか。
確かに訳も無く楽しい。
もう一歩踏み込んで考えて見ようとする。
本当にこれで良いのか。
これは仕事では無いが、貴重な時間を費やしていることには間違いない。
今は只単純に汗してシャワーして朝食をつくって妻と食べる。
単純そのもの。

ウオーキングでは体を動かす以外に自然の恵みを感じることにあるのかな。
妻が路傍にネジリソウを見つけた。
彼女は合歓の花も大好き。しばらくは可憐さに感動することが出来る。
e0166734_23440120.jpg


e0166734_23451298.jpg
e0166734_23453650.jpg
そして午後は妻と田舎の畑へ行く。
妻は決して畑に行きたい訳では無いと言う。キツイ、紫外線が強い。
自分たちの食べる分以上の物できてしまう。
これって経済的には決してプラスでは無い。
今日もインゲン豆やボタマメがどっさり採れた。
もう冷蔵庫の冷凍も冷蔵も野菜だらけで収納しきれない。
ピクルスにするにしても限界だってあるだろう。
ひょっとしたら畑づくりが家計を圧迫している部分も有るだろう。
妻の実家の田畑を草ボウボウにするのも忍びない。
根っこに楽しさを感じてる間は続けるのかな。
e0166734_08573645.jpg
e0166734_08580715.jpg
e0166734_08584557.jpg
e0166734_08590694.jpg
近くに借りた畑のジャガが収穫期、顔見知りの親子に
明後日(日曜日)10時にジャガイモ掘りに来てと誘った。
親子に土に親しんで貰いたい。

スマフォォト送信不調につき、フォト添付一部のみ。

[PR]

by tomiot3 | 2018-06-22 23:50 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

畑作業は楽しいか

今日も畑だ。
午前に出かけ、途中で弁当を開く。
12時半頃現着と同時に作業開始。
このクソ暑さにゴミ焼きからスタート。
トマトもしっかり支柱を立てたぞ。
e0166734_22552040.jpg
これにて畑移動。
ズッキーニとトウモロコシの植え替えも済んだ。
玉ネギあとの石灰ふりと耕耘。
葉菜の種、蒔き畝もつくった。
一番厄介だったのは、ジャガイモ中の雑草のたくましいこと。
すっかり時間を食ってしまった。
ズッキー二とトウモロコシの一部移植。
これでトウモロコシ獣害対策を急がねば。
e0166734_22182012.jpg
e0166734_22185291.jpg
葉菜類の種まき畝も作った。だから次回は種まき先行。
今日一番のてこづりはジャガイモの雑草取りだった。
栄養をしっかり吸収して、しっかりと根を張った雑草たちだった。
時々、ジャガイモがころっと現れてしまう。
何カ所かモグラにやられてた。
収穫を速める必要のシグナルだ。
来週には収穫するか。
e0166734_22530466.jpg
野菜と豆の収穫はもっぱら妻のお役。これまたどっさり。
夕食のメニューは野菜づくしのスープに決まりだな。
汗まみれ、土まみれ。
妻曰く“畑作業が楽しそう”
そういう風に見てくれてるんだ。

夕焼け小焼けが近付いてしまった。  

[PR]

by tomiot3 | 2018-06-18 22:57 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

竹藪コントロール

まだ6時にならないうちに竹藪目指す。ついでにサツマイモの水やりちょこっと。
冷涼で済んだ空気、いつもの市街地もすきっとしている。
e0166734_22065135.jpg
竹藪前に買って早朝ウオーキングしていた頃の人と出会った。
今年の桜はキレイだったですなー。
この言葉は私へのプレゼント。

さて竹藪に入る直前は、何がしらの警戒感をいだく。
長いものへのおそれだ。
タケノコ、結構出てる。細井の太いの、短いのなーがいの。
ほとんどはバッサバッサとなぎ倒す。
竹の密度とエリア拡大抑制だ。
本当に良さそうなものだけ、背中の袋に。
イノシシも食事しているが、かっての勢いが見られない。
異変かな?
ちょっと込み入ると人びとも余り近付かないようだ。
藪をうろつきながら、かってのような道をつけるかな。

困ったことだ、
缶1個、ペットボトル三個、腰やビニールも置かれている。
どうして。
ゴミを捨てるような人は来て欲しくない。
ペットボトル1個には吸い殻が入って溶けていた。
ゴミ処理には、運ぶ、蓋をと取る、中身を棄てる、ラベルを剥がす、の行為が伴う。
キャンプ場で処理させて貰った。
  吸い殻入り
e0166734_22265208.jpg
ここしばらくは、竹藪かよいして竹林制御に精を出すか。



[PR]

by tomiot3 | 2018-06-17 22:28 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

切りがない?畑仕事

畑仕事の予定がどんどんずれて午後も2時頃出発、おまけに肥料買い足しにJAに寄って、
畑到着は既に3時か。
焼却、トウモロコシとズッキーニの植え替え場所づくり、種まき準備など。
収穫はもっぱら妻、豆類、葉菜類、ご苦労さん。
ややっ5時の報せが鳴った。
あちこち移動で数千歩は歩いたかな。
帰宅すればすでに6時前、
それでもキャンプ場まで歩き、ついでに河津桜と江戸彼岸各1本のヒコバエ促進手当。
夕食五のうたた寝からさめると、葉菜類の始末をしていなかったとに気付く。
せめて根っこの土ぐらいは落とすかな。
e0166734_22515027.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2018-06-16 23:07 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

メインは畑作業

オオキンケイギクの対応は今日はお休み、田舎百姓の日だから。
その前のウオーキング時に実態把握だけはがしておいた。
ウヒャー結構あるなー。
砂丘荘の西側は手をかけたが、こちらまでは及んでいなかった。
           この法面はちょっとだが、問題は当館が認識していないことだ。
           館の西側と真下は手をかけた・・・
e0166734_21043378.jpg
e0166734_21050010.jpg
途中、昨日植えた江戸彼岸に竹杙をしっかり打った。
葉っぱは一枚もなく、ただ幹が生きているからと蘖を期待している。
【えどひがん よみがえれよと ひがんかけ】
根元の緑はずーっと共にして来た野スミレたち。
e0166734_21285439.jpg
さて今日のメインは畑仕事。
弁当持ちだ。
途中若葉台で昼時、ここで駐めて弁当を開いた。
胃の内容物はこなれているだろうからと現着する早々、作業開始。
先ずは野焼き、これは重要、オオキンケイギクの花と花がらを焼却しなくては。
表畑、収穫は妻に任せて、刈り払い機で草刈り、これが結構難、異物があちこちに隠れている。
そして村道に接した部分の除草と清掃。
以前はこなことしなくてもよかったのに、
義母がほとんどやっていた。妻としきりに懐かしがる。
お次は田んぼ畑に移動。
ズッキーニ2本収穫、トウモロコシ、枝豆順調、種まきのズッキーニは移植OKだ。
豆の収穫はお預け、時間が来ちゃった。
e0166734_21314068.jpg
e0166734_21320388.jpg
e0166734_21323110.jpg
15時半過ぎ終了すると、還りは河原をまわって帰ることに。
火野正平のこころ旅、今週は鳥取、しかも今日は鳥取市河原町から伏野までだった。
朝の放送で途中食べ物屋に立ち寄ったが、どこだろう?
そこで通ってみることにした。
結局は分からなかった。 

帰宅すれば16時半オーバー、それから砂丘まで歩く。
一定の作業をこなしながら。
あーお腹空いた。


[PR]

by tomiot3 | 2018-06-14 21:37 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)