カテゴリ:農耕・自産自消・園芸( 520 )

雨が来るまでに

天気予報を信じて昨日の続きの畑仕事を決行。
午前中はなんとか持ちそう、昼前に雨が降り出すという。
9時頃から作業開始、手早に済ませてしまおう。
昨日は田んぼ畑、今日は表畑の草刈りが主目的、収穫は妻が担当。
草の勢いは日単位で変化する、脅威でもあり驚嘆でもある。
刈り甲斐が有ると言えばそれまでだが、伸びすぎた草は刈るのにどうしても手こずる。
それに凹凸や切り株があるから、しょっちゅうキンキンカンカンと回転刃がうなる。
刈り取った後を眺める。おーやった!
11時頃~雨がポツンポツン、予報が見事当たった。
ほぼ予定通り作業完了。
秋曇り 刈り取り終えて 草みどり
e0166734_20095799.jpg
e0166734_20103402.jpg
e0166734_20111638.jpg
妻担当の収穫や如何に?
なんと唐辛子のすごい量、どうして?
秋ナスは少ないくても色艶がいかにもおいしそう。
オクラが意外と少なかった。もう終わりだろう。
e0166734_20161565.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2018-09-20 20:23 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

秋の良き日は畑仕事

秋の空を仰ぎながらのもっぱらは農作業
10時半~15時まで、わずかの昼食時間を挟んで働いた。
田んぼ畑の草刈り、なんと盆の後に刈ったのにだ。
彼岸花やコスモス 秋の花だ。
e0166734_20195992.jpg
e0166734_20211244.jpg
e0166734_20213214.jpg
すごいなー!問いつぶやくながらモクモクとエンジン音を響かせ、右に左に刈り払い機を振り回す。
いい運動になっる。腰が強くなりそう。
曼珠沙華は残したい。これは高度なテクニック?が要る。
今日は全体の1/3を残した。他の作業もあるのでね。
e0166734_20251196.jpg
e0166734_20253219.jpg
野焼き(妻担当)しながら、今度は耕運して種まきだ。
えーと何蒔いたかな、明日また作業するので確認するが、確かインゲン、聖護院蕪、大根?、小松菜、それに?
e0166734_20243428.jpg
近くの田んぼではたわわに実った稲が稲刈りを待ちだした。
すでに今日稲刈りをしている田んぼがあった。
帰りがけに見たら、刈った稲が綺麗に稲木にかかっていた。
もうすぐ新米か。





[PR]

by tomiot3 | 2018-09-19 20:31 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

ちょっぴり畑

おひさま恋しや。
今日も曇りか。
ややっ遅起きの外は明るい。
ちょっぴり陽が差している。
遅起きのバツで朝散ができない。
代わりに今日は畑に行こう。
10時過ぎでかける。
途中JAで白菜とキャベツ、ブロッコリーの苗を。
もう秋の苗も末期のようだ。
先回植えた白菜キャベツ類も少し大きくなって、種の大根も芽を出して順調。
1時間ほどで苗植え完了、二度目の大根、蕪、小松菜も種を蒔いた。
時期をずらすことで収穫期を長くする作戦。
きつい作業でもないのにやたら汗が流れる。
e0166734_21542558.jpg
e0166734_21545101.jpg
天候が回復したら、いっぱいやることがある。
頼むよ。



[PR]

by tomiot3 | 2018-09-16 21:58 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

雨はもういいよ

雨続きで畑がおろそかになっている。
午前中は雨も小康状態、すかさず田舎の畑へ。
夏野菜畑の蚊の過密状態にはびっくりした。
蚊取線香1個では顔の周りを群れて飛び、顔や首筋にポチポチと当たる。
もう一個増やしてなんとか作業のできる状態に。

インターバルを開け過ぎるとオクラなどは途端に筋が強固になってしまう。
少し大きめでも収穫しないといけなくなった。
爪で押さえてみて判断する。
今採れるのは、オクラと唐辛子、それにナスだな。
ゴーヤもそろそろ種用になってきた。

e0166734_19375478.jpg
田んぼ畑はどうしてなのか、蚊はほとんどいない。どうして?
白菜やキャベツ類の苗は順調、
種まき部門では大根はよし、ところが蕪とニンジンがまだ?
次を植えたり蒔いたりしたいが、こうも天候不純では機を逸してしまいそう。
雨はもういい、お陽様が必要。
e0166734_19424050.jpg

e0166734_19431799.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2018-09-14 19:45 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

秋野菜仕込みの時機到来

北海道大地震のニュースに驚愕の朝だった。

21℃とは涼やかなり、それでも朝おきがおっくうなのはなぜ?
北海道大地震のニュースに驚愕の朝だった。
初はどうしても鞭打たねば体が動かないが、
このニュースでそんなこと言っておられますか。。

最初は涼やかでもやがて汗がにじむようになる。
おー月だ!月齢25.?
中秋の名月の24日まで、一旦しぼんでまた太ってくる。
ちなみに満月は25日だ。
e0166734_19495958.jpg
妻は内科の日、結果は良好、その足で田舎の畑へ直行。
もうお昼時だった。
空模様が少し怪しい。
秋野菜の苗植えと種まきを済ませたい。
キャベツと白菜、それにセロリの苗植え。
e0166734_19572857.jpg

種まきを始めようとしたとき、ポツンときた。
止めようかとも言ったが、まずはやってしまいたい。
今日は大根と蕪とニンジンだけは蒔きたい。
今年は各種少量ずつを時期ずらしで三回に分けて植えたり蒔いたりする所存。


              種を蒔く女あり
e0166734_20005566.jpg
e0166734_19583896.jpg
e0166734_19590922.jpg

e0166734_19594808.jpg
今年は各種少量ずつを時期ずらしで三回に分けて植えたり蒔いたりする所存。
時間に余裕あり、義姉の畑の草刈りや耕運をすることに。
雑草が多くて、それに草丈があって、刈りにくいことおびただし。
耕運は耕運で回転刃に草が絡まってやりにくいことさらにおびただしい。
e0166734_20034020.jpg
明日からは雨になりそうだから、よいタイミングだった。


[PR]

by tomiot3 | 2018-09-06 20:27 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

夏野菜も終わりかな

水やりと収穫だけ、あとはしたくてもしない。
先日のわずかな雨では効き目がないのは当たり前、そう思いながら水やりに。
夏野菜の収穫期のピークは過ぎているが、やるだけはやろうとたっぷりと水を含ませる。
キュウリとトマトは終了、なす、唐辛子がまだもう少し、ゴーヤとオクラはまだ。
田んぼのズッキーニ、今年は沢山採れた。
過去は人工交配しないとさっぱりだったのに、今年は人工交配したのは二度だけ。
田んぼは蜂や蝶が多いのかな。
でもこれももう終わりだな。

トウモロコシ、獣害だと早合点したが、どうも違うようだ。
喰い荒らされていないことに不審を抱いていたが、獣のせいにして悪かった。
どうやらもっと高等な動物の仕業に思えてきた。
周辺やトウモロコシの木がきれいすぎる。
種用に残していたが、それを断念すればよいこと。
来年にまたしきりなおしとゆくか。

雑草の伸びが早い、したい気持ちを抑えて次回以降に回した。
もうちょっと涼しくなってくれないとね。
いづれにしても秋野菜の種まきやらの準備をしないと。


[PR]

by tomiot3 | 2018-08-29 19:19 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

作物も私らも暑さとの闘い

今日午前に畑に出動。
とにかく水やりだけは欠かせられない。
普通なれば早朝なのだが、早朝散歩したため、そして多少の横着心が作用して、
起動が遅くなった。
現着が十時頃、もういっちょ前の暑さだ。水やりの前に追肥(お礼肥)と土寄せをこなす。
もうこれで汗は全身に回った。
乾ききった吹けば飛ぶような土に水をやると、最初はすーっと吸い込まれてしまう。
いくらやってもキリのない感じ。

別畑(たんぼ)に行ってみれば、先日確認したトウモロコシ畑。
油断すれば、すかさずやられる見本のようなもの。
種用に残しておいたトウモロコシ、根こそぎ動物の餌食になってしまった。
きれいさっぱり、よくもまあきれいに食べられるものだ。
埼玉は飯能の野口たね店で仕入れた種、また来年行ってみるか。
今年の特徴の一つ
それはズッキーニ、昨年までは畑に植えていた。そして早朝の人工交配をしなければ、
成らなかった。
ところが今年は田んぼ畑、人工交配したのは一回きり、
ほっといても七,八割はできた。
ことに前出の野口たね店購入のズッキーニは豊作型だった。
さて来年はどうするか?
e0166734_20275953.jpg
e0166734_20263984.jpg
周囲の田んぼの稲は、大抵は出穂期。
e0166734_20260222.jpg
雑草の生え具合がすごい、もうちょっと暑さが緩んでくれ。
作業は1時間で済ませたが、あーしんど!

[PR]

by tomiot3 | 2018-08-27 19:58 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

日中の畑作業

雨乞いをしたい。
そんな思いに支配されている昨今、涼風に助けられて日中の畑作業に挑戦した。
先ずはなにをさておいても作物への水のプレゼント。
収穫物は激減したので、妻にまかせっきり。
私はもっぱら、田畑の耕耘作業。
先日耕耘したカ所も再度耕耘、雑草の生える余地を与えないのと、
土に思いっきり空気を混ぜてやろうとしている。
乾いた土は耕耘機の反転耕耘羽根にかき混ぜられて、煙の如くモクモクと舞い上がる。
日射しは強いが風がよい。
取り敢えずのことだが、一部にクズの小豆を蒔いた。クズでも結構収穫出来る。
耕耘を繰り返した細やかな土の畑、なんいやら美しささえ感じる。
この景色が大好きだ。
e0166734_20013712.jpg
e0166734_20015722.jpg
汗もそこそこ、まあ快適の方かな。
それにしても雨の少なさは堪える。
やっぱり雨乞いをしなければ。




[PR]

by tomiot3 | 2018-08-08 20:06 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

水が欲しい

台風12号への期待も有るが、野菜たちは喉から手を出している。
早朝、久しぶりに妻を伴って畑作業。
先ず水やり、土は完全に水分を失って、吹けば土埃が立ちそう。
水を与えると待ってましたとばかりに急いで水を吸い込む。
トマト、ナス、キュウリ、ピーマンなど、すべて水分不足なのだが、
トマトはむしろ甘味を増している様でも有る。
別畑のトウモロコシと枝豆は、田んぼの水の影響が幸いして大丈夫。
ところが雑草たちは、そんなこと関係なしと言わんばかりに頑丈にしっかりと育っている。
水やりのあとは、田んぼ畑の刈り払いに終始したが、全部は出来なかった。
次回は残りと、他所の刈り払いが待っている。
e0166734_22321307.jpg
e0166734_22323670.jpg
台風12号、水への期待はともかくとして、強い台風。
未明から影響が出そうだ。
先日テラスの日除けカーテンを設置したが、安全のために地上に降ろした。



[PR]

by tomiot3 | 2018-07-28 22:36 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

早朝の畑

こうも長く猛暑が続くと、流石元気山の私もリスクを避けたいと思うようになった。
日中の作業は極力避けて、まだ陽の昇らないうちにと4時起きし、
4時半にわが家を出発、5時頃~農作業開始。勿論一人でだ。
今日は乾いた畝にひたすら水やりと収穫のみ。
育ちすぎる雑草を見れば刈りたくなるが、早朝からエンジン音を轟かす訳にも行かない。
早い機会に刈り払いの時間を設けねばなるまい。
6時頃には隣の畑に野菜つくりのおばちゃん(実はいとこ)が畑作業を始めた。
デカクなりすぎたズッキーニを、“どうぞ”
畑作業は次々熟さねばならないが、子の猛暑が落ち着かないと手の施しようがない。
それに土が乾きすぎた。
7時前に終了し帰路についた。
出発からずーっと28℃、昔ならば日中の温度だ。
水やりしながら、しきりに義母(妻の母)を想い出す。
作り物はすすめられるままやっていたいたが、ほとんの中間の仕事、つまり水やりなどは義母がやってくれていた。
今では言ってみれば土がカラカラ、野菜は勿論だが、花や植え替えたアジサイなどもすっかりしょげていた。
e0166734_21342582.jpg
e0166734_21384345.jpg
えだまめ、収穫期をうまくつかめるか。、
e0166734_21395879.jpg
トウモロコシにも毛が生えた。
ズッキーニは
e0166734_21402884.jpg
ズッキーニはデカクなすぎて、大と小を前出のいとこに提供。
ズッキーニの保存方法はいまだ未開発。

[PR]

by tomiot3 | 2018-07-23 21:52 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)