<   2018年 09月 ( 68 )   > この月の画像一覧

24号お手柔らかに

台風24号、和歌山に上陸した後、猛威を振るいながら北上中。
当地は各種警報発令中、風も強まっている。
幸いにして我が地は砂丘の縁、高台なので水の心配はない。
しかし風害には警戒している。
他の地区への被害が少ないことをひたすら願う。
21時44分



[PR]

by tomiot3 | 2018-09-30 21:44 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

21号接近中

さすが砂丘馬の背に人影は見当たらなかった。
              15:06
e0166734_15531627.jpg

鳥取浜坂地区,ずーっと降り続く雨に15時半頃から風が伴ってきた。
いよいよ台風らしく、時折ゴーッと言う唸りを伴い、庭木も千々に乱れきっている。
e0166734_15595157.jpg


[PR]

by tomiot3 | 2018-09-30 16:00 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

ちょっと不気味

目覚めと同時に窓外の様子を気にする。
どうやら雨は降り続いているが風はまだ弱そうだ。
さっさと支度して6時前には出発。
念のためカッパを着る。
木立に差し掛かるとヒュービューと唸るが、傘が風にとられるようなことはない。
雨もほぼ垂直に降りてくる。
自転車道の様子を見てそこそこに引き返すつもり。
柴栗が風と雨に打たれてぽろぽろ路上に落ちている。
カッパの大きなポッケがたちまちいっぱいになった。
e0166734_11394085.jpg
7時過ぎ帰宅してしばらくすると急に風雨が強まった。
午前中は時折強くなるが、全体としてややおとなしい雨の降り方。
台風最接近が少し後にずれ込んだのかな。
21号と同程度の影響はあるだろうか。
ならば当地は大したことはないのだが。
台風さん、当地はもとより余り日本列島をいじめないでね。
ただいま11:25不気味な静けさ。



[PR]

by tomiot3 | 2018-09-30 11:56 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

栗落下と台風

昨夜来の雨、台風24号の梅雨払いの役目を担って終日雨模様。
自転車道沿いの柴栗が落下する時期になった。
今夏の厳しい暑さ、乾きのせいで一層の小さな九輪有ったようだ。
木についているイガの数も例年に比べ少ないようだ。
それでも雨に打たれて栗が路面にコロコロ転がっている。
昨日から急に落下しだした。
今年は余り期待で寄贈もないのでどうでも良いと思っていた。
でもコロコロ転がっているのを見れば拾っちゃう。
昨日はズボンのポケットがパンパンになるくらい拾えた。
小さな栗の鬼皮を剥ぐのはちょいと手間だ。
我が家では妻はやらないので、もっぱら我が輩の仕事。
根気の要ることはどうやら分担が当方になっている。
e0166734_19425225.jpg
雨の砂丘、今日は少々寒いと思うが、熱心な人がいるものだと感心感心。
e0166734_19480665.jpg
e0166734_19474369.jpg
台風24号あすは本番、大型強力なので直撃でなくても風雨は要警戒。
正午頃から夕方にかけては特に強まりそう。
明日は栗がばらばらと落ちてきそうだ。

[PR]

by tomiot3 | 2018-09-29 19:53 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

国策という名の誤り

首相はよく意味も無く国民の生命財産を守るという。
原発は国民の生命財産を著しく侵し、国民やこの日本という国を悲劇的壊滅に導くという事が解らないのだろうか。
いつ巨大地震に見舞われても不思議でない国、原発こそ国を滅ぼすに十分だ。
最終的に原発ほどコストのかかるものはないと言うことを電力関係者は知っている。
それでも原発を動かしたがるのはなぜ?
福島の事故処理,東電にやらせていたら東電はとっくに存在がない。
それでも柏崎を運転したがる。
これはもう亡国の電力だ。
今この国の存亡がかかっているのはひとえに原発の再稼働への潮流である。
三権分立の失われた今、司法ですら政権追従の姿勢だ。
もう根本の壊れた国になってしまった。

我が国のエネルギー政策はことごとく失敗に終わっている。
石炭政策、原子力政策、もんじゅ、核燃料サイクル、再生エネルギー政策、
石炭火力の世界最先端技術である石炭がガス化発電(IGCC)の推進おくれ、今は世界に冠たる技術なんだが。
再生エネルギーの買取価額撤廃の動きと風力、太陽光発電発展への阻害、
またその技術の立ち後れによる他国との競争敗退などなど。
数え上げればきりが無いほどだ。
そもそも原子力への傾斜がきついだけ、その他のエネルギー開発と普及が遅れてきた。風力しかり、太陽光、海洋エネルギーしかり。
もう少しIGCCに触れると、石炭をガス化してタービンを回し、タンデムで蒸気タービンも回す。
従って熱効率は50~60パーセントと高く、CO2排出量も減少する。
つまり天然ガス並なのだ。加えてCO2の閉じ込めに成功すれば言うことなし。
なおかつ低湿炭が使えるので北海道唯一の炭鉱が生きられる,と言うことは従業員もそうだ。
しかも発電しないときは酸素と水素が製造できるというおいしいメリットがある。
水素が今現在究極の燃料。
水素は重要な産業なのだ。
太陽光、風力の不安定電源だって水素製造でもって解消できるメリットもある。
一部の学者はおっしゃているが、なぜこの国の政策はゆがんでいるのだろう。
当面、今回の北海道電力のブラックアウトに鑑み、大きいことはいいことだ、を改めることだ。
小さな老朽火力を廃止しようという計画があった。
しかし、今回その低出力火力が電力復旧の力になった。
小さいものが沢山集まればリスクは小さくなる。
是非小火力を廃止でなく、IGCCへの改造で存続させるべきではないか。
泊原発は北海道電力のアキレス腱になる。
エネルギー政策を改めよ。
安倍政権は原子力をベースロード電源としてと言ったが、
原子力でなくても良いのだ。
原子力はCO2よりも比べものもなく怖くどうしようもない。
あえて原子力と言ったことに裏がある。
第一ほとんどの政治家に真の意味のベースロードなど理解でき無いだろう。

北海道知事が今回の事故は北海道電力の責任だという意味のことを発言して、
方々からたたかれたようだ。
しかし,当たらずといえども遠からじなのだ。
根底は国策という魔物である。
国策は北海道や東北に対してずーっと犠牲を強いてきた。
鉄道もその代表格だ。
その国策を担ってきたのがとりもなおさず北海道電力。
たとえば泊原発しかり。
電源構成や系統運用の見あやまり。
泊原発(休止中)や苫東厚真火力への大容量発電所への依存が、緊急時の電源構成をゆがめてきたのでは。
だからこれらが運転不能となれば、今回のことのようになる。
だから北海道電力の責任は根深いところで存在する。
この泊原発の電源確保に北海道電力(中央給電指令所)は最大限の努力をしただろう。
おそらく教科書通りだ。
自裁には泊原発は永く休止していたので、長時間の電源ダウンに耐えられただろうが、
マニュアル通りに給電指令所は頑張ったと思う。
泊原発故に他を犠牲にしてしまったと言うことはないだろうか。

そして今一度、再生エネルギーを含めた北海道独自の電源構成を組み直し、
根本的に立て直す究極はゼロから系統運用を見直すことだ。
一度有ったことは、二度も三度もあり得る。



[PR]

by tomiot3 | 2018-09-28 21:43 | エネルギー | Trackback | Comments(0)

台風24号の予兆でもあるまいが、雲というのは絶対に同じものはない。
だから空を見上げると別世界に浸ることができる。と言う錯覚か。
珍しいことに飛行機雲が1本も見えない。
                朝
e0166734_20331562.jpg
e0166734_20320698.jpg
                夕方
e0166734_20275644.jpg
何に見えるか?
e0166734_20292798.jpg
少し引くと

e0166734_20281960.jpg
e0166734_20290670.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2018-09-28 20:34 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

道を美しく

明日から翌30日にかけて台風24号関連で大荒れになりそう。
念のため、自転車道、桜の点検でもしておくか。
花壇のグラジオラスの養生やら、今夏の超日差しにこりて、
極力自前の緑陰づくりを企てた。
沿道の栴檀の幼木を刈り払いに合わないように目印杭を立て、
育てることにした。
大きなもので1メートル超、小さなもので20センチくらい。
何年かかるか解らないが、きっと皆さんのお役に立てると思う。
         グラジオラス 順次球根を増やす
e0166734_20183723.jpg
       栴檀
e0166734_20192645.jpg
e0166734_20213309.jpg
e0166734_20215145.jpg
e0166734_20221563.jpg
e0166734_20223910.jpg



[PR]

by tomiot3 | 2018-09-28 20:25 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)

30日は大荒れか

久松公園の擬宝珠橋、30日の式典はどうなるんだろう。
ところがちゃんと開催延期と未定の看板になっていた。
大型にして強力台風24号、30日にもっともな荒れ模様となる予報。

e0166734_19494293.jpg
e0166734_19521541.jpg
e0166734_19530475.jpg

[PR]

by tomiot3 | 2018-09-28 19:57 | 書籍・雑誌 | Trackback | Comments(0)

晴天続きを待つ

隣の田んぼでは農家のお百姓夫婦が稲刈り中、コスモス越しに眺めると旦那がオペレーター、かみさんがアシスト。
稲刈り機のエンジン音に波長を合わせるわけでもないが、
当方は刈り払い機をブンブンと甲高く。
白菜キャベツ類すこぶる順調。
大根の葉っぱがずいぶん大きくなった。
種まきやら、白菜などの追加植えをしたいが、まだまだ土が重たすぎる。
追肥やら雑草取りだけちょろっと済ませてお昼時。
今のところすべて順調。
e0166734_19314763.jpg
e0166734_19321058.jpg
e0166734_19361462.jpg
すべて台風24号が去ってからだな。


[PR]

by tomiot3 | 2018-09-28 19:47 | 農耕・自産自消・園芸 | Trackback | Comments(0)

お月さんは知ってるかな

今朝は穏やかな朝、なんとなく肌寒いが,相変わらず歩けば汗をかく。
e0166734_19175608.jpg
帰りがけ西の空にぽっかりと白いお月さんが浮かんでいた。
お月さんを見るとなぜか嬉しい。
どうして?
今朝は昨朝よりも1時間ほど遅い時刻、だから方位も西、
月齢18.4、すこしかけたかな。
               6:34
e0166734_19163167.jpg
e0166734_19221520.jpg
台風24号が不気味。
今年の台風は大型、強力と二拍子揃いでやってくる。
人間は何か悪いことしてる、そのバツかもしれない。


[PR]

by tomiot3 | 2018-09-28 19:30 | 自然・環境・緑・災害 | Trackback | Comments(0)